有川邸での庭園講演会を開催しました

平成23年10月9日(日)彦根市鳥居本町425番地の有川氏庭園で、庭園講演会を開催しまたので、その概要をお伝えします。

当日は、秋晴れの中、絶好の庭園講演会日和となりました。講演会には、長浜、豊郷からもご参加いただき、18名の方にご参加を頂きました。本講演会は、いろは組と滋賀県造園協会北地区との共催で開催をいたしました。

京都造形芸術大学(造園学)の仲隆裕教授を講師にお迎えし、2部構成で開催しました。

いろは組 滝川代表があいさつをさせていただき、かっての中山道を行き交う旅人が赤玉神教丸を買い求めた店先土間で庭園講演会をさせていただきました。

いろは組代表 滝川徹人(滝川緑化)のあいさつ

一部は、有川製薬のパンフレットの近江名所図会にも掲載されている店先土間で、スクリーンを用いて、庭園のある古民家を活用したまちづくりを展開している舞鶴市の大庄屋上野家を紹介する形で講演を頂きました。

舞鶴 大庄屋庭園でのまちづくりを紹介する仲隆裕教授

二部は、有川様のご好意で、土間から座敷に上がらせていただき、建物内部から庭園を鑑賞させていただきました。

高低差のあるダイナミックな庭園で、池泉からのすがすがしい空気を感じながら、仲教授に有川氏庭園の特徴、庭園の鑑賞の仕方などをお教えいただきました。

座敷から目線での庭園鑑賞をしました
庭園から秋の気配を感じながら庭園鑑賞をさせていただきました

次に、天皇陛下が巡幸された際、御小休された御座所前から庭園を鑑賞させていただきました。

眼下に有川氏庭園を見下ろす格式です

一部と二部の間では、参加者にお土産として有川製薬の『赤玉神教丸』を配布させていただき、かっての中山道を行く旅人の心境をお持ち帰りいただきました。

 

最後になりましたが、今回の庭園講演会にご住居でもあります会場をご提供いただきました有川様に感謝申し上げます。今後ともいろは組活動にご理解、ご協力を賜りますよう、よろしくお願いいたします。(いろは組事務局)

 

注)庭園写真の転写、活用はご遠慮ください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中