近江八幡市の古民家で剪定講習会が開催されました

近江八幡市にある古民家で「DIG’S」開催の剪定講習会に講師参加しました

平成25年7月13日(土)9:00~11:00近江八幡市偽心町にあります古民家で、活動をされています滋賀県立大学の活動サークル「DIG’S」さんが、開催されました剪定講習会に、講師として、いろは組組員が参加しました。

DIG’Sさんとの出会いは、昨年のいろは組の県外ツアーの帰りに立ち寄らせていただき、古民家にある庭園の剪定について相談をいただいたのがきっかけで、その年に庭園の剪定をさせていただきました。

剪定を行った年は良いけど、翌年繁茂したらどうしたらいいですか?との質問に、じゃあ剪定講習会をされたらどうでしょうか?との掛け合いで、今回の剪定講習会が企画されました。

DIG’Sさんのご希望の剪定樹種は、「アジサイ」でした。また、剪定後のアジサイを活用した「挿し木教室」も同時に開催する運びとなりました。

では、剪定講習会と挿し木教室の様子をお伝えします。

 

DIG’S代表からのあいさつで講習会がはじまりました
DIG’S代表からのあいさつで講習会がはじまりました
講師から剪定の基本を説明しました
講師から剪定の基本を説明しました

聞くだけではなく、実際に剪定ばさみを使ってアジサイを剪定していただきました。剪定ばさみを逆さに使ったり、切れ味に感動をしていただいたりと、仲間内の剪定講習会ではなく、新鮮味がありました。学生の頃から、樹木・庭園に興味を持っていただけばありがたいです。

剪定実践中
剪定実践中

 

剪定前の状態
剪定前の状態

 

剪定完了間際、施工後の画像がなくてすみません
剪定完了間際、施工後の画像がなくてすみません

 

 

 

画像では確認しずらいですが、樹木の足元がすっきりとしていれば、庭園が引き締まって見えます。参加された学生さんには、それを意識して剪定をしていただきました。

 

次に、剪定したアジサイの枝を活用して、渡辺講師による挿し木教室を行いました。

講師の渡辺輝世氏は、彦根山草会や彦根城オニバスプロジェクトの代表をされている方で、樹医さんです。

挿し木のポイントを解説いただきました
挿し木のポイントを解説いただきました
挿し木という言葉は知っていても、するのは初めての方が多かったようです
挿し木という言葉は知っていても、するのは初めての方が多かったようです
興味津々の参加者
興味津々の参加者
他の樹種も挑戦していただけると嬉しいです
他の樹種も挑戦していただけると嬉しいです

 

今日参加された方は、町を歩くとき、庭園にアジサイがあったら、気にかけて観ていただけると思います。これを機会に、庭園や樹木に興味を持っていただけるとありがたく、このことが、いろは組が目指していることなのです。

参加いただいた皆様ありがとうございました。

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中