庭園管理実践講座の開講

庭師集団いろは組が、彦根市沼波町(七曲り)「村岸家庭園」で、庭園管理実践講座を開催いたします。

いろは組は、庭師の技術向上を目指して活動をしています。庭師は、ただ剪定をしているだけではありません。庭園の作られた意味を知り、庭園全体のバランスを考え、適切な高さを考え、将来のイメージを施主に伝え、庭園を管理していくものです。

そこで、今回は、剪定だけでない、庭園管理の観点から庭師の仕事を探ります。本講座は、一般の方も十分ご理解いただける、面白い興味深い内容として企画していますので、新たな庭園の見方が発見できる内容となっていますので、是非、ご参加ください。また、本講座は、いろは組が加入しています彦根歴史的風致活用実行委員会の文化庁補助事業として行うものです。今回の講座は、参加者で庭園について、一緒に考え、体験し、庭園管理計画を作るまでをシリーズとして開講します。ただし、一般公開されていない個人宅のため、また、近隣への影響を考え、講座参加者を20名に限定して実施しますので、定員を超える申し込みがあった場合は、抽選で限定させていただきますので、ご了承ください。

日 時:平成26年7月6日(日)13:00~16:00 雨天決行

開催場所:彦根市沼波町「村岸邸庭園」(通称「七曲り」)

講  師:京都造形芸術大学 仲隆裕教授(造園学)

内  容:客座敷から見える主庭園、玄関横の庭園、家人の庭園など目的に応じた種々の庭園があり、庭園の現地説明会、現況図の測量、洗い出し等の作業、庭園講演会、庭園管理計画の作成までを4回シリーズを通じて実践します。

参 加 料:無料     持ち物:特にございません。1回目に庭園説明の後、除草活動を行ないますので、活動のできる服装で参加してください。

参加募集:20名(申込多数の場合は抽選のうえ通知します。)

申込期限:平成26年6月23日(月)まで

 2回目:7月実施日調整中 内容:公開測量

 3回目:10月26日(日)14:00~15:30 内容:庭園講演会

  4回目:11月23日(日) 13:00~15:00 内容:低木剪定、庭園管理計画作成

  シリーズで開講しますので、なるべく全ての内容にご参加ください。 

申込方法: こちらから申し込んでください。

主庭園
主庭園

・定員は20名です。申し込み多数の場合は抽選により決定します。

・駐車スペースはありませんので、参加者は近江鉄道(最寄り駅:彦根口駅)をご利用ください。

・会場は、個人庭園のため撮影はできません。

・開講日すべての受講は必須ではありません。

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中