七曲りの村岸邸で庭園講演会を開催しました

彦根市沼波町(通称 七曲り)の文化遺産 村岸家庭園で庭園講演会を開催しました。

村岸家住宅で庭園講演会を開催し、20名の参加がありました。

地域のすばらしい庭園を会場にお借りし、庭園の構成・鑑賞の仕方等について、講師から解説を受けました。

まず、伝統技術保存協議会の大西会員から概要説明があり、続いて、講師の京都造形芸術大学の仲隆裕教授から、名勝庭園、文化財庭園等の管理方法の説明と他地域の庭園のお話を頂きました。また、京都造形芸術大学歴史遺産学科4回生の谷江亮さんが作成された村岸家庭園の実測図面を参考に、仲先生が解説を加え、最後に実際に庭を見ながら解説をしていただきました。参加者からさまざまな質問が出て、大変有意義な講演会となりました。

伝統技術保存協議会の大西議員から庭園の概要説明がありました
伝統技術保存協議会の大西議員から庭園の概要説明がありました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仲教授による講演
仲教授による講演

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

谷江さんの実測に基づく図面を見ながら庭園の状況を説明いただきました。
谷江さんの実測に基づく図面を見ながら庭園の状況を説明いただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

庭園を見ながらガラン石の説明や作庭当時の樹木の様子を説明されました。
庭園を見ながらガラン石の説明や作庭当時の樹木の様子を説明されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さまざまな質問が出て、仲先生が丁寧に答えられました。
さまざまな質問が出て、仲先生が丁寧に答えられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

村岸家庭園は、大きく4角庭園から校正されており、今回は3庭園を主に見ていただきました。

 

次回は、11月23日(日)に村岸家庭園での庭園管理実践講座の最終回の「庭園管理計画(案)の策定と低木の剪定講習」を開催します。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中