お浜御殿で剪定講習会を開催しました

平成27年6月28日(日)9:00~11:30旧彦根藩松原下屋敷、通称お浜御殿庭園で剪定講習会を開催しました。

彦根の人は、旧彦根藩松原下屋敷を「お浜御殿」と呼びます。お浜御殿の庭園は建物で言う重要文化財に匹敵する名勝庭園に指定されています。

今回の剪定講習会では、名勝庭園への導入路のツツジ、ナンテン、カエデと庭園の東側にありますマツ、アセビ、アジサイで剪定講習を行いました。

参加者は15名でした。

013

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講師から本日の剪定講習の樹種等の説明がありました。

正門から玄関までの導入路にありますツヅシの剪定をおこないました。

基本は「足元すっきり」です。

受講生1~2名でツツジ1本を担当して剪定をしていただきました。

035 031

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

040

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参加者の方の剪定について、講師から講評をいただきました。足元が見え、スッキリ引き締まった導入路が完成しました。

 

つづいて、玄関脇にありますツヅシに対して先ほどの講評に留意しながら剪定をしていただきました。

065

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

071

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参加者の方がそれぞれ声を掛け合いながら剪定を仕上げられました。

施工前後の画像からスッキリ感が伝わりましたか?

剪定作業前
剪定作業前

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 剪定作業後
剪定作業後

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つづいての剪定講習樹木は「ナンテン、カエデ」です。高さを押さえ枝を抜きました。

077

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナンテンの剪定については、大きく様変わりする樹木を見て、参加者から「ここまで剪定していいんですか?」と質問が出ました。

参加者が順に剪定を行いました。
参加者が順に剪定を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて汐入式庭園の奥にあります「マツ」の古葉の「むしり」の方法を講師から説明を聞き、全員で体験していただきました。

081

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

088 095

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普段していないマツの葉むしりに参加者の方は興味津々でした。

つづいて、「あせび」の剪定解説をしました。

最後に、今が剪定時期の「アジサイ」を剪定しました。

 

008 113

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少しみにくいですが、施工前後の状態です。

お浜御殿の庭園は整備計画が定まっていないことから、今後、専門家の意見を聞きながら作庭され、整備が始まります。本日は、通常維持管理の範囲内での剪定を実施しました。

 

おわり

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中