京都ツアーを実施しました

 

本年度も、いろは組恒例の「京都ツアー」に行きました。 最も文化財的な庭園が多い場所の一つである京都へ出かけ、すばらしい庭園を見て、庭を見る眼を養うために毎年京都ツアーを開催しています。

この京都ツアーは、毎年、日本庭園学会の関西大会の現地研修会に団体参加する形で開催しています。

今年は、「水無瀬神宮燈心亭とその庭、水無瀬離宮推定値探訪」と題して、実際の庭を見るのではなく、発掘結果から庭園の場所、規模等を推定することを研修しました。また、座学だけでなく、ウォークツアーを通じた研修を体験しました。

まず、サントリーウイスキー工場で有名な大山崎町の歴史資料館で、福島館長から地下遺構から推定される水無瀬離宮の概要説明を受けた後、地下遺構地をめぐり、現地との対比を体感しました。

島本町は京都と大坂の境地です
島本町は京都と大坂の境地です
福島館長の話に参加者はどんどん引き込まれました
福島館長の話に参加者はどんどん引き込まれました

名水で有名な水無瀬神宮なのでひっきりなしに水汲みにこられています。ツアー参加者も水汲みをされていました
名水で有名な水無瀬神宮なのでひっきりなしに水汲みにこられています。ツアー参加者も水汲みをされていました
宮司から神宮の開設を受けました
宮司から神宮の開設を受けました
普段非公開の燈心亭を宮司の解説で見学しました
普段非公開の燈心亭を宮司の解説で見学しました

発掘作業が進んだ水無瀬神宮ですが、庭園については、これからということで、参加された研究者から、この庭園は亀島の形式をとっているのではないかとの意見が聞かれました。皆さんはどうみられますか?

どのように見えますか?
どのように見えますか?
最後に、地下遺構を参考に実際の庭園の一部を地域の方と復元されたものをけんがくしました
最後に、地下遺構を参考に実際の庭園の一部を地域の方と復元されたものを見学しました

庭園学会の現地見学終了後、一休庵の「月の蔵人」昼食後、名集庭園に指定されました京都府八幡市の「松花堂庭園」を見学しました。

甲良町西明寺前に本店がある一休庵の伏見店(月の蔵人)でちょっと豪華な昼食をいただきました
甲良町西明寺前に本店がある一休庵の伏見店(月の蔵人)でちょっと豪華な昼食をいただきました

続いて、松花堂弁当の起源となった庭園を見学しました。竹の種類が多く、見学者は熱心にメモをとっておられました。松花堂庭園は、庭園ガイドの方から懇切丁寧なご説明をいただき、とても良い研修となりました。大変ありがとうございました。

DSCN3506

参加いただいた方からは、来年も是非、京都ツアーに参加したいとのご意見を多くいただきました。

 

また、次年度も日本庭園学会の関西大会とあわせての いろは組京都ツアーを企画したいと思いますので、楽しみにお待ちください。

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中